鈴音ことらさん作品紹介!

オリジナル表紙統合前 のコピー

English version is here

鈴音さんの作品って、一枚の作品でストーリーを想像させる力があると思います。
そして構図がまとまっていて一枚の作品としての完成度がとても高い!鈴音ことらさんの作品をお楽しみください!


 

1.自己紹介をお願いします。

鈴音ことら  イラストレーター・漫画家

イラスト暦:デジタル開始で10年。
途中漫画修行と休止期間も含んでおりますのでしっかりと描いているのは5~6年程
元々役者を目指しておりました。途中挫折し絵の道へ。

活動など :アイア社 「ペイントロジック」パズル推理マンガ連載
バンダイカードゲーム「バトルスピリッツ」イラスト制作
ソーシャルゲームイラスト多数
一迅社、KADOKAWA ゲームアンソロジー執筆
携帯用グリーティングカード制作
JOYSOUNDミニゲームイラスト制作
他、個人依頼製作など


 

リニモ2 - コピー

2.使用画材を教えていただけますか。

もっぱらデジタルでソフトはSAI、コミックスタジオ、フォトショ。
コミックスタジオはパースやラフ用でSAIでペン入れ・塗りを行います。
アナログ経験はあるにはあるのですが、本格的に絵を塗り始めたのはデジタルです。


 

3.制作テーマなどありましたらおねがいします。

昨日の自分が出来なかった事をする くらいでしょうか…
進歩しないのが歯がゆいので、出来る限りインプットを行いながらアウトプットしたいと思っています。

モチーフとしては最近では光を感じる事の出来るイラストを心がけています。コロコロかわります。
ただ、何かのイラストに取り組もうと思ったとき、どんなものであれ目標を据えるのは忘れません。
例えば女の子が可愛くかけたか、や、狙った色合いが出たかなど 出来上がった時に反省し
次の目標地点を据えるようにしています。


 

冬

4.1点の制作にどれくらい時間をかけますか。

うーんピンキリですね。早ければ1時間で、仕事などの合間に勧めつつ1週間ほど掛かる場合もあります。
時間がかかるときは決まって、新しい技法やアングル、塗りを取り入れようとした時かもしれません。
私の場合ラフにはそう時間がかからず、
ラフ :10分~1時間内
下書き:2回 計2~3時間(1回目・細部描き込み 2回目・デッサンチェック、細部直し)
清書 :1~2時間
カラー:3時間
仕上げ:1時間
ほどです。  ラフは非常に荒く、仕上がった折に「あれっ ここおかしい!」というのが頻発するので…!
個人的には線画に至るまでの状態でどれだけ完成図を意識できるかが大事だと思っています。


 

5.あなたのHPや作品が見られる場所があれば教えてください。

http://www.kotoratora.org/
年2回ほどしか更新されないのが難ですが… 自サイトです。


 

6.今後の目標を教えてください。

歩み止らず、常に一歩先へ。

人よりゆっくりと絵を描いていた自分なので、少しでもちゃんと進化していけるよう
最善を尽くしていきたいと思います。

セフィ完成

PF新作キャラシ


コミティアの鈴音ことらさんのブースで一冊の画集に目が留まりました。8名のイラストレーターがファンタジーというテーマでイラストを描き、技法などを解説しているという、うれしい内容の画集。
以下「ぼくのファンタジーができるまで」より
普段何気なく眺めているイラストは
側面を変えればさまざまな狙いを持って作られています。
(中略)
ただ眺めているだけでは見えてこない側面を文字にするのがこの本のテーマです。
(2014/11/23発行
サークル:Campano 「ぼくのファンタジーができるまで」 より引用)
ただ見て楽しめるだけではなく、描き手には制作行程等しることができる、とても刺激的な一冊だと思います。機会があればぜひ手にとって見てください。
鈴音さんの作品はもちろん今後の活動も楽しみです!


 

Labo.tokyoは近日アーティスト登録を開始する予定です。
そして、全貌を少しずつ明らかにしてまいります。
どうぞご期待ください!(記事 浅井)

 


 

FacebookとTwitterのフォローもよろしくお願いします。

Facebook https://www.facebook.com/pages/Labotokyo/300623730098066

Twitter @Labotokyo

関連性の高い記事

コメントを残す

CAPTCHA